伊藤 慶二 Ito Keiji
Profile
1935 岐阜県生まれ、在住
1958 武蔵野美術学校(現、武蔵野美術大学)卒業
1960 岐阜県陶磁器試験場に入り、日根野作三に師事
国際陶芸アカデミー会員
Award
2007 第四回円空大賞 円空賞受賞
2006 岐阜県芸術文化顕彰
1981 ファエンツァ国際陶芸展受賞(イタリア)
1979 '79日本クラフト展受賞
1978 世界クラフト会議日本クラフトコンペ受賞
Public Collections
ファエンツェア国際陶芸博物館/ファエンツェア・イタリア
エバーソン美術館/ニューヨーク・アメリカ
岐阜県立美術館/岐阜
アリアナ美術館/ジュネーブ・スイス
東京国立近代陶芸美術館/東京
岐阜県現代陶芸美術館/岐阜
京都国立近代美術館/京都
Book
「陶 Vol.27」著者: 伊藤慶二/京都書院
「聖別の芸術-わが道を行く造形作家たち-」著者: 芝辻政彦/淡交社
「ITO Keiji 1965-1998」発行人: 安藤雅信/ギャルリ ももぐさ
Solo Exhibition
2016 「過去から未来へのまなざし」■ L gallery/名古屋
2014 「伊藤慶二展」■ 館 游彩/東京
2013 「伊藤慶二展」■ 岐阜県現代陶芸美術館/岐阜
2012 「3.11鎮魂」■ スペース・アルテマイスター/福島
「 101体のスモールトルソー」■ 一穂堂サロン/東京
「3.11鎮魂」■ ギャラリー数寄/江南・愛知
2011 「こころの尺度」■ 岐阜県美術館/岐阜
「こころの尺度」■ パラミタミュージアム/三重
2009 「月光の石、精神の果」■ L gallery/名古屋
「伊藤慶二・陶展」■ 一穂堂サロン/東京
2007  なかむらギャラリー ■ 福岡
「壺の内側を観る眼」■ 壷中楽/鹿児島
2006  ギャラリー数寄 ■ 江南・愛知
2005  陶彩 ■ 東京
2004  ギャラリーマロニエ ■ 京都
2003  ギャラリーNOW ■ 富山
 瀬戸市美術館 ■ 瀬戸・愛知
2002  ARTSITES Gallery ■ グリーンポート・アメリカ
「尺度 Series」■ ギャルリももぐさ/多治見・岐阜
2001  正観堂/京都
1999 「HIROSHIMA Series」■ ギャルリももぐさ/多治見・岐阜
1998 「伊藤慶二展1965-1998」■ ギャルリももぐさ/多治見・岐阜
1995  Hetjens美術館 ■ デュッセルドルフ・ドイツ
 GALLERY BOWING ■ ハノーバー・ドイツ
 美術装飾美術館 ■ ローザンヌ・スイス
1992  ギャラリーマロニエ ■ 京都
1991  ギャラリーキャプション ■ 岐阜
1983  Braunstein Gallery ■ サンフランシスコ・アメリカ)
1978  青山グリーンギャラリー ■ 東京
1976  青山グリーンギャラリー ■ 東京
Group Exhibition
2015 「four 次展Ⅱ」■ L gallery/名古屋
「four 次 展」■ L gallery/名古屋
2013 「The book as ART」■ L gallery/名古屋
伊藤慶二+鯉江良二「土に宿すかたち~パイオニアたちの仕事~」■ 樂翠亭美術館/富山
「three 次展」■ L gallery/名古屋 
2012 「山田節子が選ぶ 器量ある7人の仕事」■ ギャルリももぐさ/多治見・岐阜
2008 「茶の湯-内田繁と7人の工芸作家-」■ ギャラリー一穂堂、ニューヨーク
 国際陶磁器フェスティバル art in mino08「土から生える」■ /美濃一帯・岐阜
2007 「土から生まれるもの:コレクションがむすぶ生命と大地」
 ■ 東京オペラシティアートギャラリー/東京
「第4回円空大賞展」■ 岐阜県美術館/岐阜
2006 「素材への思い-力と可能性」■ 美濃加茂市民ミュージアム/岐阜
2005 「現代茶の湯の道具展 月は雲間に」■ GALLERY le bain/東京
2004 「心の形 暮らしの形」■ 岐阜県美術館/岐阜
「MINO CERAMICS NOW 2004」■ 岐阜県現代陶芸美術館/岐阜
「人形」(ひとがた)-風景の中の彫刻展 ■ ギャルリももぐさ/多治見・岐阜
2003 「ORIVE 2003 in NY」■ Japan society・NY/アメリカ
2002 「新工芸精神」■ 韓国・中国・日本ワークショップ招待/韓国
「近代工芸-百年の歴史」■ 東京国立近代美術館工芸館/東京
「日本陶芸の展開」■ 岐阜県現代陶芸美術館/岐阜
2000 「うつわをみる」■ 東京国立近代美術館工芸館/東京
「国際陶芸アカデミー展」■ /ドイツ
1998  ハワイ大学企画「EAST WEST ceramics collaboration」■ 招待/アメリカ
1997 「'97TAEGUアジヤ美術展」■ 韓国
1996 「I.A.C'96日本展」佐賀美術館 ■ 佐賀
1995 「ファエンツァ国際陶芸展受賞展」■ イタリア
1993 「現代日本陶芸アメリカコレクション」■ Japan society・NY/アメリカ
1992 「陶-空間の磁場」■ 名古屋市民ギャラリー/名古屋
「現代日本の陶芸-継続と変形」■ エバーソン美術館/アメリカ
1985 「陶芸展-Pacific Connections」■ アメリカ
1984 「国際陶芸展-CERAMICS×27」■ ブタペスト
1983 「'83朝日現代クラフト展」招待 ■ 大阪
1982 「現代日本陶芸展」■ イタリア
「日米ART&CRAFT展」■ 金沢
1981 「パドヴァ国際現代美術展」■ イタリア

↑TOP