伊藤 秀男 Ito Hideo

1976年初個展以来、名古屋、東京はじめ各地で個展を開く。
また「じぞうぼん」「おみせやさん」など、多くの絵本を手がける。
世界絵本原画展(BIB・チェコスロバキア)、90年代日本の絵本原画展(ボローニャ)、現代日本絵本原画中国展(上海・北京)などに出品。伊藤秀男についての評論は、谷川晃一「視線はいつもB級センス」〈OH! メルヘン、ワッ!リアリズム〉(現代企画室)、椎名誠「かつをぶしの時代なのだ」〈一宮が生んだ注目の天才画家-かも知れない伊藤秀男のこと〉(集英社文庫)。挿絵の仕事に、林真理子「素晴らしき家族旅行」(毎日新聞朝刊)「幸福御礼」(週刊朝日)などがある。
絵本最新刊は、「タケノコごはん」大島渚・文(ポプラ社)、「日本の神話 古事記えほん【三】やまたのおろち~スサノオとクシナダヒメ~」三浦佑之・監修、荻原規子・文(小学館)。
Profile
1950 愛知県津島市生まれ
1969 名古屋市立工芸高校デザイン科卒業
1971 名古屋造形芸術短期大学洋画科卒業
Award
2016 第21回日本絵本賞受賞 ■「タケノコごはん」 ポプラ社刊
2010 IBBY(国際児童図書評議会)オナーリスト
第2回JBBY(日本児童図書評議会)賞受賞
2002 第7回 日本絵本大賞
第40回 五山賞絵画賞
第12回けんぶち絵本の里大賞「びばからす賞」受賞
1992 第41回 小学館絵画賞受賞
講談社年鑑日本のイラストレーション新人賞
Solo Exhibition
2016 「沖縄久高島… 伊藤秀男展」■ L gallery/名古屋
伊藤秀男 絵本「おうしげきだん」原画展 ■ 津島市観光交流センター/津島市
伊藤秀男展 ■ ギャラリーカフェ飛ぶ魚/神奈川
伊藤秀男 絵本原画展「タケノコごはん」「つなみてんでんこ」■ ギャラリーハスタクティ/名古屋
「げんこつげんたろう 絵本原画展」■ 空色画房/大阪
2015 「えということば 伊藤秀男展」■ 一宮市三岸節子記念美術館/一宮
「虔十公園林」原画展 ■ フリッツアートセンター/群馬
2013 伊藤秀男展「思い出す風景」■ Pinpoint Gallery/東京
「秀さん アジア、ヨーロッパ、そして東北へ」 ■ L gallery/名古屋
2012 「伊藤秀男個展」 ■ pinpoint Gallery/東京
2011 「パリで会った人」■ pinpoint Gallery/東京
「伊藤秀男 展覧会」■ イルフ童画館/長野
「サンチャゴからリスボンまで2」■ SELF-SOアートギャラリー/京都
2010 「サンティアゴからリスボンまで」■ pinpoint Gallery/東京
2008 「たのしい水辺」■ L gallery/名古屋
「台湾 火車の旅」■ トムズボックス/武蔵野
2007 「思い出す風景2」■ SELF-SOアートギャラリー/京都
「うしお」絵本原画と新作展」■ ビリケンギャラリー/東京
2006 「思い出す風景」■ SELF-SOアートギャラリー/京都
「カトマンズ風景など」■ トムズボックス/武蔵野
2005 「カトマンズ風景」■ ギャルリハスタクティ/
「′80年代の作品を中心に」■ ビリケンギャラリー/東京
2004 「バリで描いた絵」■ トムズボックス/武蔵野
「うみのむにゃむにゃ・やまのむにゃむにゃ」■ クレヨンハウス1Fにて/東京
2003 「ネパール紙に描いた南島風景」 ■ ART SPACE 繭 MAYU/東京
2002 「けんかのきもち・ひたひたどんどん・こどもザイレン 絵本原画展」■ 絵本の樹美術館/山梨
「ネパールの紙」■ トムズボックス&ギャラリーKuu/武蔵野
2001 「伊藤秀男展 」■ ホワイトキューブPB/大阪
2000 「とうさんの旅 ―総集編―」■ ギャラリー繭/東京
「サカナのいる風景」■ トムズボックス&ギャラリーKuu/武蔵野
1999 「とうさんの旅3」■ SPACE・ガランス/名古屋
「絵本原画展」■ セルフ・ソウ アートギャラリー/大阪
1998 「伊藤秀男ワールド」■ トウデイズ ギャラリー/愛媛
「旅の水彩と標本箱」■ トムズボックス&ギャラリーKuu/武蔵野
「1980~1998」■ ギャルリプチボワ/大阪
1997 「旅の標本箱」■ ギャルリーユマニテ名古屋/名古屋
「夏まつり」■ ギャラリーおいし/福岡
「うちわ展」■ トムズボックス&ギャラリーKuu/武蔵野
1996 「とうさんの旅2」■ ギャラリー青樹/静岡
1995 「伊藤秀男の小さな絵」■ トムズボックス&ギャラリーKuu/武蔵野
「伊藤秀男の絵」■ 滋賀県立八日市文化芸術会館/滋賀
1994 「伊藤秀男の絵本展 」■ 湯河原町立図書館2F/神奈川
1993 「伊藤秀男展」■ 徳林寺「ハスタ・クティ」/名古屋
「とうさんの旅」■ トムズボックス&ギャラリーKuu/武蔵野
1992 「伊藤秀男の絵本展」■ ハートフィールドギャラリー/名古屋
1989 「ひみつのなつまつり こどもザイレン展」■ 星ヶ丘三越6Fクリエ/名古屋
1988 「NEW WORKS」■ ギャルリーユマニテ名古屋/名古屋
1985 「大字島村字花ノ木にて」■ ギャルリーユマニテ東京/東京
1982 「末広町の人々」ordinary people ■ ギャルリーユマニテ名古屋/名古屋
1980 「’80 伊藤秀男展」■ BOX gallery/名古屋
Group Exhibition
2017 「日本の絵本100年の歩み」■安曇野ちひろ美術館・ちひろ美術館東京/長野・東京
「10人の絵本作家が描く 宮沢賢治展」■八ヶ岳小さな絵本美術館/長野
2015 「生誕100年 亀倉雄策と『クリエイション』」■ 新潟県立近代美術館/新潟
2014 「FROM HAND TO HAND 手から手へ展 絵本作家から子どもたちへ 3.11後のメッセージ」
■ 伊達市梁川美術館/福島
2012 「特別展1年後、2012年3月11日に描いた絵」■ SELF-SOアートギャラリー/京都
2011 「100人のグリム童話展」■ Pinpoint Gallery/東京
2010 「2000年代の日本の絵本展」■ 東京ちひろ美術館/東京
「いまむかしえほん原画展」■ Pinpoint Gallery/東京
「182人のイラストレーターが描く新訳イソップ物語展」■ クリエイションギャラリーG8/東京
「2000年代の日本の絵本展」■ 安曇野ちひろ美術館・東京ちひろ美術館/長野・東京
「100人のグリム童話展」■ Pinpoint Gallery/東京
2009 「LEXHIBITION」■ L gallery /名古屋
2008 「第23回現代絵本作家原画展 こどもたちの喜怒哀楽」■ 東広島市立美術館/広島
「9月の森「本」展 31人の作家」■ ギャルリ プチポワ/大阪
2006 「日本の絵本・イギリスの絵本」■ 下関美術館/山口
「絵と絵本の展覧会日本の絵本芸術展」■ 新潟市新津美術館/新潟

↑TOP