L's favorites 展

2011.4.21(土)- 5.6(日



足立陽平、石田典子、伊藤慶二、国島征二、
坂田英三、笹谷晃生、杉浦誠、田中郁聡、
中田由絵、本堀雄二、山本一弥、Veronika Dobers 他

例えば、こうして手元にある作品。それは「集める」というより「寄ってくる」というような感覚だ。出会い頭に気に入ってしまい買い求めたというようなものも勿論あるが、向こうからやってきたものも案外多い。「こんなの好きでしょう」と手渡されたり、交換したり、話の流れでいただいてしまうことになったり… 何かの縁があってやってきてくれた作品は、質が、根っこが呼んでいるのかもしれないなと思う。
当り前のことなのだろうが、こうして一斉に並べる機会があると改めてそう思う。まるでおもちゃ箱をひっくり返したように、一見、ベクトルもてんでバラバラな作品たち。でもみんなどこかで自分の根っこと繋がっている不思議。

コレクションを中心に、様々なテイストの作品が並ぶ今展。発する言葉や漂わせる空気は違っていても、これらはすべて、 L galleryの“Favorites (お気に入りたち)”に違いないのです。
R・E