Special Exhibition

LOT-EK

特別展 ロテック
In collaboration with TYPEFACE


2020.3.14 (土) - 2020.29 (日)
13:00 - 20:00 

LITE - SCAPES 約18×27×13cm 照明器具 2016

ニューヨークのアートと建築のストアフロントのために、廃棄された緩衝材を型に作成された「LITE - SCAPES」。LEDネオンチューブはラテックスを通して照らされることによってノスタルジックな雰囲気を作り出し、ユニークな形状が際立つ。




 

LITE - SCAPESの型となる廃棄された緩衝材



1993年に Ada TollaとGiuseppe Lignanoによって設立されたLOT-EK。MoMA、Whitney Museum、Guggenheim、MAXXIなどの文化施設や美術館のプロジェクトだけでなく、アメリカ国内外の住宅、商業施設など数多くのプロジェクトにも携わってきました。
既存の産業用のオブジェクトやシステムのリサイクルを通じて、持続可能で革新的なアプローチを試みています。また、芸術、建築、そしてエンターテイメントの境界を曖昧にするための取り組みもLOT-EKの特徴です。これらのプロジェクトは、ニューヨーク・タイムズ、ロンドン・タイムズ、ヘラルド・トリビューン、ウォール・ストリート・ジャーナル、Vogueなど国内外の出版物に掲載されています。
彼らは、生態学的に責任を持つインテリジェントな建築方法に尽力し、産業用オブジェクトに新しい命を吹き込み、その発展に関わった知性と歴史を守り、尊重することを目指します。そこから、不測かつ突発的な優雅さと思いがけない美しさ、そして古くて新しいもの、一般的かつ特殊なもの、自然と人工物、地域と世界、馴染みのある奇妙なもの、というように相反するイメージが具現化されてゆくのです。
身近なところでは2004年、ユニクロプラス心斎橋筋店の建築デザインを担当。コンテナが正面から突き出た斬新なデザインを生み出しました。






C-HOME 4×40 Prefab Container Home

         QIYUN CAMP 2017

    QIYUN AQUATICS CENTER 2017

           PUMA CITY 2008




上 / PUMA CITY (部分) 25.4×40.6cm アップサイクルした段ボール箱、レーザーカット、アクリル 2016

↑TOP